読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チビ・ゆきのルイージの小説外伝

ルイージの小説外伝の置き場

ルイージの小説外伝 2.5 白き堕天使と蘇りし英雄編 第五話

「………え?」目の前に居るまともなルイ君がポカンとした表情を見せる。そりゃそうだろう、だって彼はスピネルが死んでいるところを目撃してる…まさか、「僕が蘇生魔法使ったとか知るわけないよね☆」「……えぇぇっ!!??」おおっと、つい言葉に出てしまったw…

ルイージの小説外伝 2.5 白き堕天使と蘇りし英雄編 第四話

目の前に居る愛らしい弟を見た瞬間、僕は目から涙をぽつぽつ落とす。次の瞬間僕は弟に抱きついて嬉し涙を零し泣いていた。「兄…さん?…え、なんで、え」弟は僕に抱きつかれながらオロオロし、とりあえず僕を抱き締めた。暫くすると後ろから銃声が鳴り響いた…

ルイージの小説外伝 2.5 白き堕天使と蘇りし英雄編 第三話

チビ・ゆきさんと僕は他の仲間に合流するために星降る丘に来ていた、星降る丘のてっぺんで待ち構えていたのは、僕の知っているルイージよりもちょっと背の低いルイージと赤髪の執事の様な人……………つまり、「パラレルルイージと…誰?」「そっ!あれがパラレル……

ルイージの小説外伝 2.5 白き堕天使と蘇りし英雄編 第二話

「ここが……僕の……」「そう、君の住んでいたキノコ王国だよ」………はっきり言って吐きそうだ。なんだこの赤は……本能がこの場所を拒否している……体が震える……チビ・ゆきさんが歩き始めるけど僕の足は進まない………一歩も進みたくない……「!……マリオ?…大丈夫かい?…

ルイージの小説外伝 2.5 白き堕天使と蘇りし英雄編 第一話

どうも皆さん、おはようございます。マリオです。僕は随分前に死んじゃったので、今天国で平和に暮らしています。え?お前一人称俺じゃなかったっけって?それは僕ではなくパラレルワールドの僕です。勘違いしないでください怒りますよ?てなわけで、今寝起…

ウィッチバスター

バンカーバスター 替え歌ルイージの小説外伝 2.5「お願い 助けて ウィッチバスター!」辺り血の海で 死体は腐敗中そう、ウィッチイズディッド!!見くびる黒魔女、ウィッチバスターデビルウィッチ ヴァンパイアグリーンヒーロー ディッド?NO?腐乱死体 神、…