チビ・ゆきのルイージの小説外伝

ルイージの小説外伝の置き場

ルイージの小説外伝 2.5 白き堕天使と蘇りし英雄編 第二話

「ここが……僕の……」「そう、君の住んでいたキノコ王国だよ」………はっきり言って吐きそうだ。なんだこの赤は……本能がこの場所を拒否している……体が震える……チビ・ゆきさんが歩き始めるけど僕の足は進まない………一歩も進みたくない……「!……マリオ?…大丈夫かい?…

俺は重大な事を犯してしまった…

pixivでは祝ったのにここでゼロ様の誕生日祝うの忘れてた…

ルイージの小説外伝 2.5 白き堕天使と蘇りし英雄編 第一話

どうも皆さん、おはようございます。マリオです。僕は随分前に死んじゃったので、今天国で平和に暮らしています。え?お前一人称俺じゃなかったっけって?それは僕ではなくパラレルワールドの僕です。勘違いしないでください怒りますよ?てなわけで、今寝起…

ゼロツー、ミラクルマター、アドレーヌ、リボン、ドロシアお誕生日おめでとうございます!

マジ誕生日おめでとぉぉぉぉぉぉ!!

報復性:カンチガイ荒療治

赤心性:カマトト荒療治 替え歌奇跡の仔のカンチガイの話。「君は奇跡の子だからとーーー」 赤星が飴を差し出せばあっという間に毒回る 奇跡 盲目状態本気にして 特別視で 努力して やだやだ 修行して 仲深めて 傷癒してそれで?繰り返して 私だけって 言って…

紅白性:勘違い症候群

過食性:アイドル症候群 替え歌とある奇跡の仔の話目を開けると ちやほやされていたどうやら私には奇跡が舞い降りたようで簡単なもんで 返事も程々に 居場所も貰っちゃって群がる仲間は数知れず嗚呼 素敵だな一瞬で ほら 人生逆転that's ミラクル 私舞い上が…

メタナイトォォォォォ

お前も誕生日おめでとうなぁぁぁぁ!!

ダークマター&マルク

誕生日おめでとうっっ!!

ルイージの小説外伝 2 赤い宝石と黒い水晶編 第四話

「ホラ、ここが出口ダ」キングテレサに案内された私達は、無事に出口に辿り着く事が出来た。「ありがとね、キングテレサ♪」「脅されたシ、何より現状が現状だしナ、じゃ、俺様は帰らせてもらうゼ」そういって苦笑したキングテレサは私達に手を振って消える、…

あーあ、

原級留置…… つまり留年ですわ(´;ω;`)つまり学校やめるかも…(´・ω・)このブログにも来れなくなるかもっ!!??(´・ω・)てなわけで…(´・ω・)あぁぁぁぁ(´;ω;`)

ドッペル押し問答

未来の自分に絡まれた魔術師の話僕ハ、呆気ナク倒サレタ。「マスタークラウンでも…敵わないんだナァ…やめとけばよかったかナァ…」呟きながら何の理由もなく、黒い海をプカプカと揺蕩う。目を瞑ろうとした僕は誰かに手を引っ張られ立ち上がらされた。びっくり…

マリオからカービィに移行ちy((殴

最近カービィにはまってもうどないしてくれようかとマルクもマホロアもグリルもタランザもドロシアも暗黒物質もみんなみんな可愛すぎて本編進めずに短編書いちゃってる馬鹿者ですがなにk((殴|ω・`)<というか本編を楽しみにしてくれている人がいるかどうかで僕…

ルイージの小説外伝 2.5 赤い宝石と黒い水晶編 第三話

………嘘でしょ「私も迷った…」「スピネルぇ…」思わず言葉に出してしまった…シルクが(´・ω・)としながら此方を見ている。「あははぁ〜…あれ?ここって…」呆れたように笑っていたランが前方に何かを見つけたらしく目をパチクリさせながら私を抜かして駆けていっ…

ルイージの小説外伝 2.5 赤い宝石と黒い水晶 第2.5話

〜道中にて〜スピネル「…ねぇシルク」シルク「?何よ?」スピネル「シルク…勘違いしてるよ…?」シルク「何をよ?」スピネル「私…ひんぬーじゃないっ!!」シルク「突然何のシャウトだよ!?」シルク「何でここでシャウト?」スピネル「だってさっき家でばか…

ルイージの小説外伝 2.5 赤い宝石と黒い水晶編 第二話

「で、どの道に進めばこの森抜けられるわけ?」「知らな〜い♪」「知らないのにどうやって来れたの?」現在の状況:絶賛迷子外に出てピーチ城に行くためにテレサの森へ出た私達は、迷子になっていた。意気揚々と外に出たシルクは今現在かなり汗をかいて困って…

2/22は猫の日だそうで…

ルイージ(L)「てなわけで猫マリオになろうか、兄さん」マリオ(M)「いや、俺限定かい!?」*アテンション・ルイマリに何故か俺と鬼灯様も居る・ホモォ…・台本小説・文才無し・絵も無し・雑クオリティM「つかなんで俺限定!?」L「だってマステラとルーム逃げ…

兄弟戦争

『仲良しな英雄の双子の兄弟は、ある日を境に喧嘩が勃発したそうな…』おこちゃま戦争 替え歌レン:マリオ(M)リン:ルイージ(L)「「今宵もてめぇ(お前)とやいやいやいやい!」」L「昔々のそのまた昔 とある英雄の仲良しな兄弟(笑)ry(以下略称)」M「ちゃんとやれ…

わぉ

読者が…10人…超えた!?皆様もうほんとありがとうございます!!

ルイージの小説外伝 2.5 赤い宝石と黒い水晶編 第一話

………ここはどこ?………真っ暗だな…………………私……どうしたんだっけ…あ…そうか…私…殺されたんだっけ…?じゃあ…ここは…「天国…?」「いや、んなわけないでしょ?w」「きゃっ!?」つい声に出してしまったらしい…誰かが返答したみたいだが辺りが暗くてわからない。手探…

リボルバーレボリューション

リボルバードラゴン 替え歌ルイージの小説外伝 2.5「考えなんて後回し!」赤い王国に飛んできた私は腕千切られ死んだ愛する貴女は皆を助けられず涙を流して緑の英雄に未来を乗せて向かえば 自分も 殺られる 本当に?嘘の塊の真っ黒な魔女に周りに構わず 弾丸…

ウィッチバスター

バンカーバスター 替え歌ルイージの小説外伝 2.5「お願い 助けて ウィッチバスター!」辺り血の海で 死体は腐敗中そう、ウィッチイズディッド!!見くびる黒魔女、ウィッチバスターデビルウィッチ ヴァンパイアグリーンヒーロー ディッド?NO?腐乱死体 神、…

もう最近カービィにハマってやばい

あれだ、擬カビというのにハマったwwてなわけでアナログやうごメモで描いた擬カビを置いて行こうwwとりあえずまずマルク君カビマルファァァァァ(・∀・)ア…もといマホロア君グリルちん(・∀・)この三人大好き過ぎてやばいwwとりあえず味方キャラと敵キャラ纏め…

バレンタインなんてくそくらえ!!

「…なぁ、マホロア」「なんだヨ?」「バレンタインって、いらないのサ」「本当それネ」僕はマルク、隣に居るのはa…もといマホロア。二人揃ってチョコを貰えてない非リアなのサ。「カービィとかいっぱい貰ってそうなのサ…」「メタとかデデとかやばそうだヨォ……

ハッピーバレンタインとシルヴィ達の絵

シルヴィの服とライレイの服をチビ・ゆきが新調したようで

さぁ…

気に入らない気にいらねぇバッドエンドなんて絶対認めないバッドエンドなんて絶対認めねぇ命に代えても護ったのに魔力に代えても護ったってのにそれを壊されるなんて気に入らないそれを壊されるなんて気にいらねぇこんなエンド嫌でしょう?こんなエンド嫌だ…

とある兄弟の末路 『ジェシカ』

『君の名前で終止符』「ママー!見てー!マリオだよー!」「見ちゃいけません…あれはもうマリオさんなんかじゃないわよ…」そんな親子の言葉を聞きながら、俺は空の缶珈琲をゴミ箱に投げ捨てた。とある錦秋の候、俺は病院にある個室で白い壁に囲まれ孤立無援…

始まりの茶番

茶番カプリシオ 替え歌ルイージの小説外伝 2.5「さぁ始めよう、裁判という茶番を」Devil&Vampire「空の犠牲者 死体ばかりの傍聴席 さあ始めよう 裁判という茶番を!」White girl「殺人鬼により行われる 殺戮も残るはあと一つだけ その居場所をもしも知るのな…

ルイージの小説外伝 2 第一しxyおう 第juう話

☆月1sあn日僕は星降る丘に来ていた、ここは落ち着く。…なんて現実逃避をしたところで現状は変わらないわけなのだが…今兄さんなにしてんだろ?…聞き込みかな?…後ろに人の気配がする?…この気配は…「…兄さん?」「ばれたかw」「聞き込みは終わったのかい?」…

充電器が壊れてたが…

買って貰って帰ってきたのぜぇぇぇぇ!!ヽ(`・ω・´)ノ

ルイージの小説外伝 2 第一章 第九話

☆月12日スピネルが死んだそれだけを書いて僕は日記を閉じゴミ箱に投げ捨てた。

(´・ω・)

最近体調不良すぎワロタwwまぁそんな茶番は置いときまして…もうすぐルイージの小説外伝2が終わります☆えぇ、それだけですw2は終わります、2はwwではさようなら(゚∀゚)ノシ

ルイージの小説外伝 2 第一章 第八話

☆月11日こればかりは…僕も硬直せざる得なかった。「姫……」「うわあぁあぁあぁあぁあぁあぁあぁあぁあぁあぁあぁあぁあ!!!!」「姫様ぁ〜…」ピーチ姫が…喰われていた。「クッパ…」「…」僕の傍らではクッパが姫を見て小刻みに震えている、余程ショックだっ…

天国からの没シュート

『此方天国です』ヒゲヒゲ君と闘って僕は負けた。勿論ルイルイ君も手に入れられる訳もなく、気が付くと僕は真っ青な空間に居た。霧が出ていて前はよく見えず、地面にある誰かの足跡だけが頼りという状態…常識なんて通じない場所に来ているのだろう。その証拠…

どうも…

休んでた理由……スランプです←←もうね、全然書けなかったから暫く離れてみてたのwwコメ返はあまり出来ないかもしれないけど、またよろしくお願いします。

ルイージの小説外伝 2 第一章 第七話

☆月10日もう僕は…動じなくなってきていた。「ルイージ、ピーチ姫はクッパに任せるけど…」「分かってる」僕は目の前の四肢を喰われたセキリュウに無言で手を合わせる。泣き崩れるスピネルを横目に見ながら、僕は無感情に目を細めた。僕も兄さんと変わらない、…

あけましておめでとうございます

えー、私はまだここには来れないので、一つだけお知らせしておきます。3DSでうごメモを再開しました。チビ・ゆきでやってます。もしやっている方がいらっしゃったら、声をかけてやってください。以上です。今年もよろしくお願いします。

休止のお知らせ

暫くの間またもや休止しますw 理由は・・・聞かないでください☆ では!(・∀・)ノシ

嘘つき同士

…あれ…僕…さっきまで外に居たような…?気を失っていたのか、僕はソファで目を覚ました。つか何で気絶なんか…「いっつぅ!?」「目、覚めたぁ?」いきなりデコピンされた、しかも普段はここにいることさえありえない人。「…ルイージ君?」「やぁ、カノ君。お…

ルイージの小説外伝 2 第一章 第六話

☆月9日『…』……何だ?こんな朝っぱらから…『お…ろ…』…もしかして兄さん、起こしてくれてる?『……早く起きろルイージ』「うわっ!!??びくったぁ…」『そこまで驚く事もないだろう?』『いや、普通朝っぱらから通信されてりゃびっくりするよ?』今時計を見る…

大切な弟とお前は笑う

「またてめぇか…このクソノッポ!?」「やんのか、ブラコン英雄!?」「ちょっちょっと二人ともぉ…」「ブラコンで何が悪いんだよクソ紫!」「ノッポで何が悪りぃんだよこのクソチビ!」「やめてってばぁ…」昼、俺は弟に勝負を仕掛けに来たワルイージに喧嘩を…

授業で描いたCDジャケットの絵

↑表紙↑背表紙↑中メカクシティアクターズって名前でカゲプロはアニメやるらしいので、その名前でCDジャケ描いてみたwあとからエネの電脳紀行の紀行を書くの忘れていたのに気づいたw

大量の落書き詰めw

↑左からlovecatさん、foolさん、メグ☆↑foolさんがうちのルイージマンションに来るとこうなっちゃう☆↑ルーニャとルイージの出会いから今まで↑描いた僕もよく分かってない絵w↑全員上と下で犬猿の仲同士↑三人のカッコ良く描いたつもりw↑カービィしか居ないww↑終…

マリオで終焉ノ栞 予告

*終焉ノ栞パロマリオ達は学校に通ってます死、グロありホモ、ゲイありヤンデレありどうも、チビ・ゆきです。これは不幸な少年少女達とあなたの頭脳戦です。あなたの手で糞みたいな友情話 ぶち壊してみたくはありませんか?マリオで終焉ノ栞プロローグ『ふる…

今…

今僕は幸せ、とっても幸せ。ほんの一年前までは、毎日が苦痛だったのに。今はすっごく幸せで、楽しいの。友達が沢山居て、LINEもブログもpixivも部活も学校も、何もかも楽しいの。でも、時々今が幸せが分からなくなる。だから、この幸せを壊したくなる。壊し…

テスト二週間前…

12/12までテストがあるので消えます☆赤点取らないよう頑張るので応援しててくだs((しなくてOK赤点取らなかったらpc買ってくれるからブログ最新早くなるかもねwでは12/12までさようなら。多分落書きはUPするかもw

ルイージの小説外伝 2 第一章 第五話

☆月8日「…ふぁ…もう朝なのか…今何時だ…」珍しく眠そうな僕は時計を見て今がもう12時だということを知った。やばい、遅く起きすぎた…朝ご飯大丈夫かな…あれ?今日確か仕事どころかルーニャに犯人探しの協力頼まれていたような……「うわあぁあぁあぁあぁあぁあ…

マリオとルイージでカボチャヘッズミゼラブル

「ごめん ごめんね ごめんなさい」「はぁ…」「元気だしてよ、マリオ」「だって…」森の奥の木の根元に、俺と君はいつも通り二人で腰掛けて談笑を交わしていた。俺は悪魔、まだほんの少し未熟な悪魔。未熟だからなのか、俺はまだイタズラがヘタクソだった、だ…

Foolさんがうちの世界へ遊びに来たら…

こうなる。

ルイージの小説外伝 2 第一章 第四話

☆月7日…今日も平和な朝だ…スピネルはキノピロと約束していたらしく、朝ご飯を食べると早々に出掛けて行った。そういえば兄さんまだ起きてないのかな…。そんな事を考えているとふと電話が鳴る音がした、僕がリビングから電話の置いてある部屋に行った時にはい…

らーくーがーきー

最近、Foolさんのルイ君×私のルイ君が好きになってきてしまったw↑左がうちのルイ君で右がFoolさんルイ君でふ私詰め↓↑スピネル可愛いよスピネル♪うちのキャラとFoolさんキャラ☆↓↑イリスwww↓マリオとルイージを喧嘩させた結果 (真ん中にいるのはFoolさんルイ君…