読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チビ・ゆきのルイージの小説外伝

ルイージの小説外伝の置き場

ルイージの小説外伝 第十三話

第十三話:ルイ&セルvs男&マネーラ

「はぁ…はぁ…中々やるじゃない…」

「当たり前でしょ?」

あれから二人は小一時間戦っていた、結果はシルヴィの勝ち、マネーラは元の姿に戻って息を切らしている、シルヴィは普通にしているが。不意に拍手が響いた。

「ははっ!お見事っす!二人とも凄い迫力だったっすよ!」

「…(いつの間に…?)」

「っ!?」

マネーラが目を見開いて震える、この男を怖がっているのか?あのマネーラが?

「さぁて…マネーラ?今回の仕事内容は何だっだすかね?」

「…マリオに…化けて…騙して…シルヴィ…連れ出す…」

「もしばれたらどうするんすか?」

「…殺す…皆…シルヴィだけ…連れ出す」

「お見事っす」

そこまで言った男は急に笑顔をやめ無表情になる。マネーラはそれを見て顔を青ざめさせた。

「待って!次はちゃんと殺るわっ!ちゃんと連れ出すからっ!」

「あんたとあいつらにはもう用無しっすよ?生かすと思ってんすか?」

堪らなくなったのか横からセルヴィが話しかけてきた。

「おい…こりゃどうなってんだ?」

「分からない、けど…何か匂うね」

「大方仲間が拉致されてるからどーのこーのでしょ…様はあの男を殺せばしまいじゃない?」

「本当サラッとそういう事言うよな…」

「ウシャシャ…ww」

「…分かった!連れ出しゃ問題無いんでしょ!?そうなんだったらあんたも手伝えばやれるでしょ!?手伝いなさいよ!!」

「ははっ!本当ヒステリックっすね〜!まぁそうっすよね!殺るっすか!」

そう言ってマネーラと男はこっちを向いて戦闘準備を整える。

「「戦闘開始〜?」」

「二人には二人でしょ?兄貴と弱虫が行けば?」

「はぁっ!?何でおr「文句言わない」…はい…」

「あんたもよ」

「分かってる、行くぞセルヴィ!」

「はいはーい…」

「おっくるっすか!?」

「あんた達全員ぶっ倒してやるんだから!!!!」

マネーラはそう叫ぶと自分の周りにマネーを出して浮いた。そういえばピーチ姫が話してくれた事があったな。

……………「そういえばルイージはマネーラとはあんまり会ってないわよね?」

「姫が戦った女の子ですか?」

「えぇ」

「…ですね」

「実はマネーラってそのままの姿でも戦えるのよ♪」

「そうなんですか!?」

「えぇ、宙に浮いて周りにマネーを漂わせて、マネーを投げつけて攻撃してくるの♪まぁ私のカサでガードしてたからあんまり強くは無かったけどね♪」

「へぇ…」………………

マネーを奪って投げつけてマネーのガードを無くし、攻撃する…これが最善策か…。

「とりあえずルイージはマネーラ頼む、倒し方分かるだろ?俺はその間あの男相手して待ってるからさっさとマネーラ倒して戻ってこい!」

「分かった!」

「さっさと来なさいよ!!」

「ほらっはやくはやくっ!」

〜続く〜