読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チビ・ゆきのルイージの小説外伝

ルイージの小説外伝の置き場

ルイージの小説外伝 第十五話

第十五話:攻撃に特化した体を持つ者

「さ〜て!茶番はここまでにするっすか!」

今までの出来事はもう全部茶番で流すんですね分かります←皆の心の中

「ではここで一つ…ふんっ!!」

男が拳を握り締めて気合を入れるポーズをするとその衝撃で強風が起こった、何だあの強い『気』は…何処のドラ●●ボールだよ。((汗

「ふー!じゃあ本気出すっすか!手加減は要らないっすよ?ついでにマネーラ!」

「なっ!?…何よ!?」

「あんたもううちには要らないっすからそっちについてOKっすよ」

「はぁっ!?ちょっ!それナッちゃん達はどうなるのさっ!?」

「別に返すっすよ?もうあんたを止めておく必要は無いっすからねぇ…」

「ほっ…」

やはり誰かを人質に取られてたのか…。

「でも…」

「…でも?」

「あんたが生きて帰れるかの問題っすけどねっ!!」

「っ!?」

男はいきなり瞬間移動したかのように拳を構えてマネーラの前に来た。このままじゃ間に合わないっ!!そう思って手を伸ばした先には、もう男がマネーラを殴る瞬間だった…


ガッ!!!!


鈍い音がした、目の前を見るとマネーラは地面に倒れていた。いや、正確には押し倒されたと言うべきだろうか…?マネーラは地面に突っ伏して呆然としていた。当然かもしれない、だってさっきまで遠くの方で見物していたシルヴィが、氷の盾で男の拳を受け止めていたのだから。

「シルヴィ…!?」

「…流石俺の妹」

「えっ…?ちょ…?貧乳…?」

次貧乳つったら燃やすぞ?

「なぁっ!?((汗」

「流石っすね…!!」

「ふんっ…ちょっとあんた」

「いや俺の名前はあんたじゃなくて『ケイ』っす!」

「じゃあケイ…あんた私と戦いなさいよ?面白そうだし…ねぇ?」

「ほぉ…いいっすよ?魔女と戦えるなんて光栄っすからねぇ!」

「ふふ…あんたを氷像にしてあげるわ…ケイ…いや、『攻撃に特化した体を持つ異常者』」

「!!」

また…激しい戦いが繰り広げられそうだ…あとついでに…

頼むから社内で戦うのをやめてくれるっ!!??


〜続く〜















































「最後の一言私が言うべきだと思うニャ」

「あたくしもそう思いますわ」