読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チビ・ゆきのルイージの小説外伝

ルイージの小説外伝の置き場

ヒゲと猫と二つの王国 5-1

???「はいはいスト〜ップwwwディメーンもすぐに変態行為するのやめなよwwというか緑のP…うちのカフェテリアにコーヒー豆を頼んでいたんじゃないのかい?ウシャシャww」

緑のP「あっランペル、コーヒー豆の事すっかり忘れてた」

ディメ「色々酷いねルイルイ君…(´・ω・`)」

ランペルに変態道化師がカフェテリアを経営している…ありえないなこの世界。

ランペル「しっかし血の気の多い人達だねwwうちのコーヒーでも飲んでリラックスしたらどうだい?ww」

ルイージ「美味しいのか?」

緑のP「勿論♪実はこの二人の経営しているカフェテリアは皮肉にもコーヒーも料理も美味しいからね…♪」

ディメ「皮肉って…(´・ω・`)」

というかこの変態道化師、顔文字乱用してるな…

マリオ「ランペル、台所使って良いからコーヒー入れてくれよ!」

ランペル「任せて☆」

ランペルは台所に抱えていたコーヒー豆の袋を持って行くと10分後に戻ってきた、早い。

ランペル「さっ召し上がれ♪」

全員「いただきま〜す」


ズズッ…


ルイージ「…上手い」

スピネル「美味しい…」

ルーニャ「美味しいにゃ!」

変態道化師「でしょ♪あれ?作者!変態道化師やめて!せめてディメにして!!
((((;゚Д゚)))))))」

この変態道化師、反応が面白いな。

ベビマリ、ベビルイ「お代わり!!」

ランペル「はいはい♪そういやディメーン…」

ディメ「なぁに?(・ω・)?」

ランペル「あれ?頼まれてなかったっけ?スパークの家にコーヒー豆ww

ディメ「あぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!忘れてたぁぁぁぁぁぁ!!!!∑(゚Д゚;;)」

ベビマリ、ルイ「ディメおじさん…((汗」

マリオ「親子揃ってコーヒー好きだな」

緑のP「まぁね♪」

ルイージ「親子…?」

マリオ「あぁ言ってなかったな…スパークとラインって奴がこのキノコ王国に住んでるんだけど…スパークは緑のPとデイジーの息子で、ラインは俺とピーチ姫の娘、ついでにマステラともう一人ステラってのも俺とピーチ姫の息子達、スパーク、ライン、マステラ、ステラ、ついでにソウルって奴等は全員未来から来たんだ」

ルイージ「…」

スピネル「…((聞こえてた」

ルーニャ「…((同じく聞こえてた」

ディメ「行ってきまーす!!!!」

ランペル「いってらっしゃ〜いwwwあれ?三人とも何で固まってんの?www」

マリオ「俺なんかまずい事言ったか?」

緑、ルーム、マス「かなりまずい事言ったね」






















続く〜
















おまけ↓

名前:ランペル


年齢:??

 

性別:男

 

職業:「星降るカフェテリア」の店員、配達やウェイターなどを一人でこなす。

 

地位:住み込み従業員

 

身体的特徴:擬人化中←←

 

性格、クセ:よく笑う奴、ウシャシャやチャオチャオなど独特の話し方をする

 

趣味、特技:魔法や変装が得意、趣味はコーヒーを淹れる事