読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チビ・ゆきのルイージの小説外伝

ルイージの小説外伝の置き場

ルイージの小説外伝 第二十三話

第二十三話:マリパと少女とマリパ

「何で私ビリから上がれないのなんでなの」

「しるかよんな事」

そう、さっきからマネーラは俺を抜かせずにいる、そんな俺もさっきからケイとシロスケは抜かせずにいるのだが。

「というか一ついいかマネーラ?」

「何よ?」

おいおい負け続きだからってそんな冷たい目をしないでくれ。

「俺らいつまでマリパ対戦してるんだ」

「それこそ知るかボケ」

おうふガチ切れかよ…まぁ分かるよ?分かるんだが…

「俺に当たるなよ…」

「煩い喋るな」

即答っすか…(´・д・`)

「あっ負けたっす」

「やった♪買っちゃったw」

えっお前ら早くない!?(  Д ) ゚ ゚

「というわけで、女王さんに会わせてもらうよん♪」

「仕方ないっすね…」

えっちょっあっさりすぎね!?えっちょっ作者!?

【ざまぁプゲラm9(^Д^)】

(#゚Д゚)<後で覚えとけ


























「さて、わらわもそろそろ出番かの…」













































ここ…何処なんだろう?はぐれちゃった…私は一人暗い塔を徘徊していた。

…ーーーー……ーーーーー!?

!!廊下の奥から声が聞こえた…この声は…まさか…

「この声…ルイージ?」

私は廊下の奥へと駆け出していた。





















「スピネル〜どこ行ったの〜?」

「「スーピーネールー」」

「…見つからないにゃ」

これだけ探しても見つからないなんて…夢魔にでも囚われたかしら…かくなる上は…、

「物探し魔法!『サーチフォアシング

耳を澄まして目を凝らし、五感の全てを研ぎ澄ませ…………































『ル……ジ…?………るの?』































「…見つけた!」

「ほんとかにゃ!?」

「「さっすがお嬢!!」」

「こっちよっ!!」

待ってなさいよ…必ず見つけ出すからっ!!



















続く



さぁここでちとお知らせ



実はこの小説…もう終盤、後期に入りました!次回からは怒涛の展開ですので見逃しても特に何も変わりありませn((

次回

第二十四話:影の女王とレクイエム