読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チビ・ゆきのルイージの小説外伝

ルイージの小説外伝の置き場

ルイージの小説外伝 2 プロローグ

プロローグ:ヒーローズ・ドグマ


…あれから二ヶ月がたった。スピネルはもう立ち直り、シルヴィの欠片をペンダントにして持っている。…しかし、疲れが溜まってるな…えっ?何故かって?今日の依頼の量が半端なかったんだよ…さて、僕もそろそろ寝るか…。

僕は日記に上記の事柄を書くと布団に潜り込んだ。



……ここは……夢の中……?

「…。」

「…、……!」

…誰か…話してる?

「………は…」

「……に……」

……何て言ってるんだ?

「…猫の首を刈り、桃姫を喰え…お前になら出来るのだろう?」

「……はい…」

ちょっ、なんちゅうこと僕の夢の中で話してんだよ!?カニバリズム!?

「……もちろん緑の英雄も」

「!約束が違う!」

「貴様のではないからいいだろ?」

「……っ」

…緑の英雄…?…何のことだ?……あっ…夢…覚め………








































「全ては大木の根の前から始まった。
そこで緑の英雄は白い少女を見つけ、
見事トゥルーエンドへ行った。
そして今度は黒い少女と出会い、
白い少女はトゥルーエンドへ行けた。
だが今回はそうはいかない。
そうはさせない。
お前等をハッピーエンドにはしない。
完全なるバッドエンドにしたい。
こちらの世界の者達には悪いが、
あれは私がもらう。
アンダーグラウンドの全てを束ねる前に
私はあれを手に入れる。
だから死凶の神様達、
私を裏世界の最高責任者にするまえに、
お許しください。
殺し償うぞ、神の駄作達。
あれを私の物に…♪」


































「リリカっ!!」

「どしたの?シリアス?」

「黒魔女も女吸血鬼も女悪魔も城に居ない!!」

「ぶっっ、あいつらまだ…」

「しかもマリオが空間の歪みで別世界に飛ばされたみたいだぞ?」

「うっわめんどくせ…これはチビちゃんに任せた方がいいかもね…」

「だな…」


























「ん…ここは…」

「きゃっ!?」

「へっ?」




-続く-