読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チビ・ゆきのルイージの小説外伝

ルイージの小説外伝の置き場

嘘つき同士

…あれ…僕…さっきまで外に居たような…?


気を失っていたのか、僕はソファで目を覚ました。つか何で気絶なんか…

「いっつぅ!?」

「目、覚めたぁ?」

いきなりデコピンされた、しかも普段はここにいることさえありえない人。

「…ルイージ君?」

「やぁ、カノ君。お久しぶりだね♪」

「お久しぶり…って、ちょっ!?君なんでここに居るのさ!?」

そう、ここはカゲプロの世界であってキノコ王国ではない。だから彼がここに居ることはあり得ないはずだ。…ワープしてきているなら別の話だけどね。

「あぁ、あの時は世話になったからね。お礼にクッキー焼いたからワープしてきたんだよ」

「そう…で、何で君は僕の目の前でタオル絞ってるの?」

そう、クッキーを焼いてきたという彼は何故か目の前でタオルを絞ってるのだ。

「…僕に能力が効くと思ってんのか?」

「へっ?へぶっ!?」

彼は僕の額にタオルを投げると、僕の目の前に顔を近づけ目を鋭くさせた。

「…なに?」

「…熱、出てんでしょ?いい加減欺くのやめれば?」

「…あぁ、ばれた?」

「当たり前」

彼は僕の目の前からどくと呆れ顔をしていつの間にかあったテーブルの上のお粥を僕に突きつけた。

「これ食べないとクッキーあげないからね?」

「うへぇ…きついなぁw」

「あと能力解け」

「…ぅい……」

…ほんと、セトみたいな奴。しかもこういう時にはお兄さんみたいな口調になるんだから……てかお粥うまっ!ほんとこの人主夫だなぁ……あれ?

「……他のみんなは?」

「シンタロー君の家でパーティ」

「…行ってくればいいのに」

「…あんまり好きじゃないし」

「………そっ」

嘘つき同士

嘘ばっかし(だけど)…似てるなぁ…やっぱり