読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チビ・ゆきのルイージの小説外伝

ルイージの小説外伝の置き場

ルイージの小説外伝 2.5 赤い宝石と黒い水晶編 第一話

………ここはどこ?………


真っ暗だな…………………


私……どうしたんだっけ…


あ…そうか…私…殺されたんだっけ…?


じゃあ…ここは…


「天国…?」

「いや、んなわけないでしょ?w」

「きゃっ!?」

つい声に出してしまったらしい…誰かが返答したみたいだが辺りが暗くてわからない。手探りをしていると呆れたような声が聞こえる。

「目、開ければ?」

私……目をつむってたのか……。目を開けると眩しい光が差し込んで思わず目を細めてしまう、今度こそ開くとそこは私の部屋…の筈だ。曖昧なのはしょうがない、だって目の前に広がる惨状は酷いものだから。ありとあらゆる物がひっくり返された様になっていて、しかもそこら中血の海、唖然となっている私に声を掛けたのは先程と同じ声の人。

「目が覚めた?スゥちゃん?」

「…え?」

隣にいる声の人を見てびっくりした。だって私の目の前に居たのは幾分か前に死んでしまった親友。

「シル…ヴィ?」

「正しくはシルクね?私の本名シルクだから」

「え…何で?」

「何でって、チビちゃんに聞いてないの?」

え、チビ・ゆきってあの天使だよね…私…何も聞いてないよね…?首を振るとシルクは呆れた顔で話を続けた。

「私とライレイ、そして兄貴はチビちゃんに生き返らせてもらって、パラレルワールドで生活してたの。んで、パラレルワールドのマリオがいなくなって探してたらここに要ることが分かって来てみればこの有様…」

なるほど…じゃあみんな生きてるんだ…。というかシルク…

「見た目随分変わったね?」

「あぁ、あれから背も伸びたし?胸もAからCになりましたし?チビちゃんに服も新調して貰いましたし?w」

あ、毒舌なの変わらない。というか…

羨ましい…

そしてドヤ顔やめて…虚しい。

というか…あれ?

「シルク…一人で来たの?」

「ううん、あと二人。パラレルワールドの仲間と一緒」

「…仲間?」

「えぇ、外にいるわ、連れてくる」

仲間か…パラレルワールドの誰だろう…考え込んでいると直ぐにシルクは仲間を連れて戻ってきた。まず最初に入ってきたのは…

「え、シロスケ…二人っ!?」

「…ウシャ…」

「あはっ♪君驚きすぎだよぉ〜♪」

一人は私の知ってるシロスケ、擬人化してるのか髪の毛が肩までの好青年になってる、一枚布だけど。もう一人は長髪で、前髪で右目が隠れてる少し女の子っぽい見た目だ、一枚布だけど。しかし、パラレルワールドのシロスケって凄い陽気ね…。そしてその後ろにもう一人…見覚えのある黒と白の象徴…見ただけで身体の震えが止まらない…何で…何でお前がシルクと仲間になってるの…?

「シルク…その人…」

「あぁ、こいつね?パラレルワールドで喫茶店のオーナー兼ベビィマリオベビィルイージの親代わりのディメーン」

「初めまして!よろしくねぇ〜♪」

「あ、変態道化師って呼んであげてね?」

「やめてよぉ…(´・ω・)」

…………………え?


今シルクなんて言いました??

「え、喫茶店って、子守って、え?」

「あぁ、パラレルワールドのディメーンって結構丸くなってるわよ?パラレルワールドのシロスケと二人で子守と喫茶店してさwしかも珈琲超美味しいのw」

……えぇえぇ…?!

「え、嘘、え、こっちのディメーンとどれだけ違うの?え、え?」

「驚きすぎ、まぁ無理もないけどねw」

「酷いなぁ〜…こっちの僕どんだけ酷いんだよ〜…」

「君は変態なところがひっどいけどねぇ〜♪」

「うん、パラレルのルイージ君に背負い投げされた時はびっくりしたけど」

背負い投げされたんだ。

「あっ!そうだ、パラレルの僕の事はランって呼んでね♪」

「僕はシロスケでいいから」

「あ…うん」

「それじゃ!」

いきなりシルクが天井に指差した、何がそれじゃ?

「ピーチ城に行って黒幕に会いに行きますか!!」

「途中でチビちゃん達にも会えるかもねぇ♪」

「ダブルルイくんにも会えるね!」

「変態行為すんなよ?」

「あ、はい…(´・ω・)」

このディメーン…よく顔文字使うな…というかシルク…顔怖いよ…

「さ、行こっ!スピネル!」

「…うん、シルク!!」

そして、私達は家を出て、遠く離れたピーチ城へと向かい始めた。







-続く-