読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チビ・ゆきのルイージの小説外伝

ルイージの小説外伝の置き場

ルイージの小説外伝 2.5 白き堕天使と蘇りし英雄編 第二話

「ここが……僕の……」

「そう、君の住んでいたキノコ王国だよ」

………はっきり言って吐きそうだ。
なんだこの赤は……本能がこの場所を拒否している……体が震える……チビ・ゆきさんが歩き始めるけど僕の足は進まない…

……一歩も進みたくない……


「!……マリオ?…大丈夫かい?」

チビ・ゆきさんが微動だにしない僕を不審に思ったのか、立ち止まって僕の方へ振り返り僕に声をかけた。

「あ……いえ……」

怖いの?

「!」

僕がおたおたしていると、チビ・ゆきさんはふぅ…と息を吐き首を傾げてそう言った。実に明確な答えだ。僕が頬をかくと頷くとチビ・ゆきさんは苦笑して僕の所まで戻ってきて僕の頬を掴んだ。

「いたたたたたた!?」

「他のキノピオ達はもっと痛い」

「!」

「だって、死んでるもの」

……確かに…周りを見渡すと…キノピオがどんな殺され方をしたのかがよくわかる……地面にはキノピオの残骸の他に…様々な臓物が転がっているからだ……。

「僕達が…怖がってる場合じゃないだろう?」

「…そうですね」

…今は…今は進まないと…!
この王国を救う為に……!!

「ところで、最初は何処に行くんです?」

「あぁ、星降る丘だよ。そこで仲間と合流する」

「分かりました…じゃあ」

「あぁ、行こうか…!」

僕らはそう言い合って、駆け出した。






























「君が…セキリュウだね?」

「!……お前は」

「はぁい、説明しなくても分かるだろ?……呼び名はグランでいいよ」

「分かった…」

「…あの野郎、随分簡潔に殺ったんだね」

「……」

「…大丈夫だよ、どうせチビちゃんが来て生き返らせるんだから♪」

「そうか…」

「……さて、チビちゃんが来るまでここで待っておこうか」

「…あぁ」









-続く-