読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チビ・ゆきのルイージの小説外伝

ルイージの小説外伝の置き場

ルイージの小説外伝 2.5 穢れた世界の収束と再生編 第六話

戦闘BGM


チーム1:ルイージ、マリオ、スピネル、シルク

僕と兄さんが左右から拳を叩き込もうとすると、吸血鬼が身の丈ほどの鎌を振るってきた。僕らが間一髪横に避けると吸血鬼が翼をはためかせ飛び上がる。

「空中戦も得意なのは厄介だね…」

兄さんの呟きに僕も頷く。どうにかしてあの吸血鬼を地上へ降ろすかしなければまず攻撃は届かないだろう。吸血鬼は下から様子を眺める僕らに対しクスリと微笑みを見せた。そして天に手を掲げ、人差し指で円を描くとそこに黒い魔法陣が現れる。咄嗟に防御の構えを取る僕らに対し、吸血鬼は魔法陣をそのまま人差し指でこちらに向けると魔法を放ってきた。

かまいたち!!」

数発のかまいたちが同時に僕らに襲いかかる。二人でそれを数発避けるが、不幸にもかまいたちが一つ、詠唱で身動きの取れないシルク達の方へに向かっていく。

「シルク!」

「スピネル!!」

疾風 ≪ガーレ≫!!」

僕らが同時に叫ぶと同時にスピネルがシルクの前へ出た。かまいたちが自身に届く前に詠唱し、かまいたちを疾風で緩和させ消す。ホッとしたのも束の間、吸血鬼はいつの間にか地上に降りてきていて振り向く間も無くニコリ微笑むソイツがしゃがみ僕に足払いをかけてきた。

「っ!」

足払いを掛けられた僕は体制を崩し地面に尻餅をつく。慌てて兄さんが僕の腕を取り引っ張って立ち上がらせようとするも、吸血鬼が兄さんを蹴り上げた為に後ろに下がる形となった。

「ル、ルイージ…!」

スピネルが心配そうに声を掛ける。それと同時吸血鬼が真正面から僕に乗っかり鎌を頭上へ振り上げた。このまま振り下ろされれば間違いなく顔面が真っ二つに割れるだろう。逃げられないという恐怖に思わず冷や汗が垂れる。兄さんが走り向かってくるがあの距離じゃ確実に間に合わない。吸血鬼が振り下ろそうとした瞬間、吸血鬼の胸に白く輝く光線が貫かれた。ゆっくりと光線が放たれた方を向くとシルクがしたり顔で吸血鬼に向かって指差していた。


f:id:yukina-rinren:20150612235425j:image

そうシルクが告げた瞬間、吸血鬼が声にならぬ断末魔の悲鳴をあげた。僕の上から転げ落ち悶え苦しんでいる。その様子を少し恐怖しながらシルクの方に振り向くと、今のうちに離れなさいという様な目線が帰ってきた。すかさず立ち上がり兄さんの下まで離れると悶え苦しんでいた吸血鬼がピタリと動きを止めた。そしてザラザラと音を立てて砂となって散っていった。

「…まさに、吸血鬼ね」

その様子を見てシルクがポツリと呟く。呆気なく終わりを告げた戦闘に少し戸惑いを感じずつも四人で座り込む。流石に短時間といえど、ずっと詠唱し続けたり、動き回ったりで疲れは溜まり、加えて今までの疲れも一斉に押し寄せてきた。

「疲れちゃった…」

「だねぇ」

スピネルのため息交じりの呟きに兄さんが苦笑いで答える。その様子にシルクがクスリと微笑み口を開いた。

「あらあら、こんなのまだまだ序の口なんじゃない?ここでへこたれていたら先が思いやられるわねぇ」

シルクの嫌味の混じったもっともな言葉に三人一斉に苦笑いが漏れる。確かにその通りだ、ここでへばっていては先に君臨している黒魔女には敵いっこない。

「そうだね…本番はここからだ」

兄さんの言葉に全員で真剣な表情になる。僕は、この先の試練に唾を飲み込んだ。その様子を見て兄さんが口を開いた。

「さぁ、とりあえず休憩してから入口へ戻ろうか!」

その宣言に、皆が笑顔で頷いた。





続く
ーーーーーーーーーーーーーーー
吸血鬼戦終了で御座います!(`・ω・´)
今回も挿絵と戦闘BGMをつけてみましたー!
いかがでしょうか?
次回も是非楽しみにしていてください!