読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チビ・ゆきのルイージの小説外伝

ルイージの小説外伝の置き場

ルイージの小説外伝 2.5 穢れた世界の収束と再生編 第一話

…と、いうわけで

「合流ー!」

「いやいやいやいや、すいませんちょっと待ってくれませんか」

私が声を上げると同時にルイ君が待ったを掛ける。一体どうしたというのだろう。

「ちょ、ちょっと待って?なんでシロスケが二人いるの?なんでこの道化師がいるの!?」

「細かい事は気にするなー☆」

「そうだよルイルイ君!細かい事気にしてるとハゲるよっ!(`・∀・´)」

「ハゲないよっ!!てか顔文字!?」

早速ルイ君が困惑な表情を浮かべて次々と質問をしてくる。グランルイ君は呆れた顔でため息をつくとディメーンとシロスケを指差して説明を始めた。

「ごほん…このディメーンはうちの世界のただの変態道化師だから害は無いよ、ベビィマリオベビィルイージ育ててくれてるぐらいだしね。あとこの帽子の先のヒラヒラが一つのシロスケがうちの世界のシロスケ。こいつもディメーンと子守しながら喫茶店で店員をしてるぐらい丸くなってるから害は無い。まぁこちらの世界のシロスケも害はないだろうけどね」

「ウシャシャシャ♪よろしくねん♪」

「よろしくー!もう一人のルイルイ君♪」

グランルイ君がこれだけ説明してもまだルイ君はポカンとした表情をしている。スピネルがルイ君にとことこ近づいて大丈夫?と問うと、ルイ君も流石にそれには反応してうんと返事を返した。

「しかし…こう人数が多いとここを探索するには少し手分けをしたほうが速くはないか?」

セキリュウのもっともな意見に僕は頷き紙とペンを取り出してスラスラとみんなの名前を書いていく。

「今この場に居るのは…僕、ルイ君、グランルイ君、マリオ、セキリュウ、シルク、スピネル、シロスケ、ラン、ディメーン……………………だよね?」

「知るか」

僕が不安そうな顔でグランルイ君を見上げると厳しい一言が返ってきた、しどいっっ!!←

「つまり合計10人って訳ですね…」

「二手に別れるか…」

マリオとセキリュウが腕を組んで組み分けを考える。暫くするとセキリュウから僕にチーム分けを書いた紙が渡され、それを僕が読み上げることとなった。

「えーと、チーム1がルイ君とマリオとスピネルとシルク。チーム2がセキリュウ、シロスケ、ラン、ディメーン。んで最後のチーム3が僕とグランルイ君ね…まぁ妥当だね」

僕がそういってニヤリと笑うとセキリュウも得意そうに鼻を鳴らす。僕は独断でそれぞれのチームが探索する場所を指定し行動開始の合図を掛ける。

「さぁ…ミッションスタートだ!!

…と。



















ーーーーーーーーーーーーーーーー
お久しぶりでっしゃろ(´・ω・)
やっとかけたでっしゃろ(´・ω・)
何か昔より小説書くの上手く
なってね?!(´・ω・)←