読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チビ・ゆきのルイージの小説外伝

ルイージの小説外伝の置き場

ルイージの小説外伝 2.5 穢れた世界の収束と再生編 第十五話

ルイージの小説外伝 2.5 第十五話

 

黒い魔女が聖なる矢に貫かれると、魔女は聖なる光に包まれてしまった。その光は白く、真っ白に輝き城全体を包み込んだ。目も開けてられないほどの光に包まれた僕らは、目を閉じて光が止むのをジッと待つ。

暫くして光が収まり皆で目を開くと、そこには魔女を必死で抱きとめて、気を失っているディメーンが居た。僕らが駆け寄ろうとするとディメーンの体がピクリと動き、時期に目を開けた。ディメーンが未だ気を失っている魔女を揺さぶると魔女は目も口も開かず、ただディメーンの腕の中で死んだように眠っている。僕が声をかけようとすると、ふと天使がしっと口に手を当てた。

「あ」

口に手を当てたやいなや、近くにいたシロスケが一声をあげた。その時だ、魔女がゆっくりと起き上がった。目をぱちくりとさせ、こちら側とディメーンを見てきょとんとする。生きていた、優しい彼女は。生き残ったのだ。悪しき心は消え去り、優しい彼女だけが残ったのだ。その事を理解したのだろう。ディメーンはくしゃりと顔を歪ませると、思いっきり彼女を抱きしめた。

「終わった、な」

それを見た瞬間、僕の兄さんがそう呟く。
皆がこの長い戦いに終止符が付いたのだということを理解すると同時に、賑やかなランとシルク、天使が勝利の叫びを上げる。続いてスピネルやもう一人の僕も涙を浮かべ歓喜した。シロスケも安堵しているのか、見たことのないホッとした表情を浮かべている。
終わったのだ、僕と兄さんにとってはよくある事件が。彼らにとっては最大の事件が。
ディメーンにとっては、人生を掛けた事件が。
終わったのだ。
僕は銃を下ろし座る。そろそろ体力の限界だったからだ。横からのセキリュウの大丈夫か?という呼び掛けに頷き、僕は必死に彼女を抱きしめるディメーンを見つめる。
あんなディメーンは初めて見る。いつもはふざけて僕に執拗に構ってくるアイツ。

「少し、嫉妬か?」

「まさか」

f:id:yukina-rinren:20170317215147j:image

兄さんからの問いかけに、僕は笑って答えた。
嫉妬じゃない、きっとこれは、安堵しているだけだ。別に、アイツのこと好きなわけじゃないし、寧ろ苦手だし…。
そんな事を考えて複雑な表情を浮かべるとからかうように兄さんが笑った、後で覚えててよね…。


暫くしてディメーンが彼女を連れてこちらに来た。曰く彼女には悪しき心を持った時からの記憶がなく、今何故ここに居るのかも今まで何をしていたのかも分からないらしい。
そんな彼女に、兄さんは気にしなくていいよと答えていた。彼女は、兄さんや僕が二人居ることについて困惑はしながらも頷いた。
僕は兄さんの方を見る。兄さんも視線に気がついたのか、こちらを見て微笑みかけてくれた。
事件は終わった。終わった…のだけど……。

「どうしたの?ルイージ

少し暗い顔になっていたのか、スピネルが心配をして僕に声を掛けてくる。
大丈夫だよ。と答えると、少し不満そうにそう。と悲しげに返事をした。どうやらバレバレらしい。

「心中お察しするよ」

見かねた天使が声を掛けてきた。

「兄さんは、天国に帰らないといけないんですよね」

そう告げる僕に、彼女はそっと頷く。幾ら天使、創造神とはいえ、自然の摂理というものを曲げるわけにはいかないらしい。
会話を聞いていた兄さんは少し悲しそうな顔をするが、すぐに微笑んだ。

「大丈夫だよ。きっと僕ら、また巡り会えるさ。だから、今は…しばらくのお別れだ」

兄さんの言葉に、僕も微笑み返す。

「うん、またいつか」

f:id:yukina-rinren:20170317215155j:image

会おう、兄さん。

 


「さぁーて、この世界を元に戻して、帰す奴は帰さんとねぇ……」

天使が伸びをしてそう切り出す。
向こうの世界のメンバーはそれぞれ向こうに帰るのだろう。
多分、もう会うことは無い。

「シルク…帰っちゃうの?」

「スピネル…」

悲しげに言うスピネルに、苦虫を噛んだような表情を浮かべるシルク。シルクだって恐らく、ここに居たいはずだ。だが…

「向こうには、セルヴィさんたちが待っているんじゃないのか?」

「それもそーなんだけどさぁ……」

スピネルとは一緒に居たい、だが向こうには帰りを待つ人がいる。葛藤していた。
天使はその様子を見ながら、僕の肩をちょんちょんと叩く。

「どうされました?」

「あんさ、シルクの家って…多分残ってるよね?」

「恐らく…ですが」

シルクのお屋敷か…確かまだ残っていたはずだ。あのあと何も手はつけられていないし正直誰かが安易に近付けるような所に立ってもいない。

「なら、大丈夫!!」

そう言って天使はシルクとスピネルの肩を抱く。二人がきょとんとしていると天使は満面の笑みで微笑んだ。

「シルクはここに残んな。ギルドの特殊部隊の件とセルヴィには言っておくからさ」

「は?ちょ、待ってよ。それ尻拭いするの僕じゃん」

天使の思いがけないセリフにもう一人の僕が抗議の声を上げる。そんな彼の様子を見て天使は大げさにため息をついた。

「ないわー。実に無いっすわルイージパイセーン」

「おい、その言い方ウザイからやめろ撃つぞ」

「イイじゃんそんぐらい。やぁーっと再会出来たんよぉ?大目に見てあげなよ☆」

「…………わぁったよ」

彼は少し面倒くさそうにしながらも了解の声を上げた。ぶつくさとなんで僕が…仕事が増える…だの言っているが、本心なのだろうか照れ隠しなのだろうか…。

「そっか…じゃあ私、もう一度猫の手の試験受けないとね?」

f:id:yukina-rinren:20170317215208j:image

僕がもう一人の僕に気を取られていると、シルクが僕の方を見てニンマリと笑った。
なるほど、またあの爆裂ハンマーを受けないといけないわけだ。でもまぁ、そんな取得の無い日常が戻るのであればそのぐらい…。

「さ、皆!全部元に戻すよ!この事件を覚えているのはおそらく今この場にいる僕らだけだ。話はちゃんと合わせるように!いいね?」

天使が僕らの方を見る。僕らはほぼ同時に頷き、天使がよしよしと微笑んだ。

「じゃ………この穢れた世界に、収束と再生を…!!」

僕らも、世界さえも神秘の光に包まれる。


目が覚めたその時には、また平和な未来が待っているのだろう。

 

 

 

もし、また事件があっても大丈夫だろう。

もう迷ったりしない。

居ないものに頼ったりもしない。

だって、

 

 

 

「皆がいるから」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 f:id:yukina-rinren:20170317215216j:image

 

-END-