読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チビ・ゆきのルイージの小説外伝

ルイージの小説外伝の置き場

ルイージの小説外伝 第五話

第五話:ペルルと男とシルヴィと

「ペルルさん見つけたのかい!?」

「あぁ…意外に近くに居たんだねぇ♪能力使ってるからすぐわかったよ♪」

「…」

「…?もしかして…ペルルさんの探し人って…シルヴィ?」

「ご名答だよルイ君!♪」

ペルルさんは男と一緒に木から飛び降りると、シルヴィに近づく。

「今はシルヴィ…だよね?探してたよ?駄目じゃないか勝手に居なくなっちゃ…お兄さん心配してたよ?♪」

そう言いながらペルルは横の男を見る。もしかしてこの人シルヴィのお兄さん?

「知らない…」

「?」

「私のお兄さんはそんなチャラい面じゃなくて、魔法もろくに扱えなくて、そんなシスコンじゃなかったら良かったのにな。」

つまりお兄さんなんだね分かります。お兄さんすっごい固まってるよ、涙出てるよ、ペルルさんの肩に顔埋めてるよ。なんだろうめちゃくちゃ可哀想に思えてきた。

「シルヴィ…良い加減その毒舌治さねぇか…?」

「馬鹿兄が私並みに魔法使える様になったら良いよ?」

「一生無理じゃねーかっ!?」

あっ一生無理なんだ。

「まぁまぁ兄妹喧嘩はそこまでにして…僕の御屋敷に行こうよ!詳しい話はそこでしないとね♪」

「詳しい話…?依頼これで終わりじゃないんですか?」

「違うんだなぁ…♪」

そう言ってペルルさんは森を歩いて行く、僕達もそれに続いて行く。そういえばお兄さんの名前聞いてないな…。

「あの?」

「んっ?何だ?」

「僕ルイージって言います、貴方は?」

「あー自己紹介まだだったか…俺はセルヴィだ!宜しくなルイージ!」

「はい。」

何かシルヴィと正反対で明るい人だな…


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
テレサの森前〜

「ありがとうスピネル!」

「いえいえ…これからは森で迷わないようにね?ハナちゃん。」

「はいっ!ではっ!」

「ふぅ…」

やっと終わった…結構時間掛かっちゃったな…そういえばルイージ…何処に依頼行ったんだろ?もしかしてテレサの森かな?…そういえばシルヴィと一緒なんだっけ…私あの子苦手だなぁ…自分も胸ぺったんこの癖に…駄目だ…考えるのよそう…ん?ふと森の木の上に人影が見えた、誰だろう?私は気になってその木まで行く事にした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー




「……あいつら…裏切るつもりなのかしらん?」





〜続く〜


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
やっと…やっとスピネルが出せたぁぁぁぁぁ!!!!今すっごい嬉しい…そしてセルヴィの扱いwww

落書き(安定のry)↓
f:id:yukina-rinren:20130713115022j:plain

ではまた会いましょう( ´ ▽ ` )ノ