読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チビ・ゆきのルイージの小説外伝

ルイージの小説外伝の置き場

ヒゲと猫と二つの王国 1-1

さぁて…ここは何処だろうwwまた僕浮きながら寝ていつの間にか空間移動したな…まぁいっか☆

やぁ皆さん僕はマステラ!取り敢えずプロフィールを下に載せるね!

『名前:マステラ


二つ名:氷結の魔女

 

年齢:25歳

 

性別:男

 

職業:ギルド『star.moon』の支部『moon・light』のメンバー

 

地位:強さで言えば一番、支部のメンバー

 

容姿:いつもマントを着ていて、中の服はTシャツとズボン

 

身体的特徴:身長が145cmなのでマリオよりも小さい

 

性格、クセ:凄く陽気で明るい性格、小さいからかいつも魔法の力で浮いて身長カバーをしている

 

趣味、特技:氷属性と雷属性が使える、趣味は読書

 

人物関係:マリオの家に居候中』


まぁこんな感じだよ☆取り敢えず…ここは僕が知ってるキノコ王国とはまた違うな…大体ピーチ城の隣にギルド無いし…あれ?何だここ?こんなキノコタウンの隅の方に…猫の…手?変な名前だな…なになに? 


『猫の手を借りたいときに電話してください。大概の仕事は承ります猫の手』

 

…ならば…

「たのもぉぉぉぉぉぉ!!!!」

「にゃにゃっなんにゃっ!!??奇襲かにゃっ!!??」

「あっいや電話が無いから直接来ただけなんだけど…」

「あっそうにゃのか…でどんな御用かにゃ?」

「ここ何処?」

「へっ?キノコタウンにゃ」

「…いやそれは知ってるんだけど…何て説明したら良いのかな…僕は君達が知らないキノコ王国から空間を移動して来たんだよ…」

「…にゃ?」

「あっうん、理解しなくても良いや、取り敢えずルイージ居る?」

「まぁ居るけど…」

「やった!ありがと!じゃね!!」

「あっ!ちょっ!ルイージはもうすぐ依頼を終えて帰ってくるから今家に行ってもいにゃ…もういっちゃったにゃ…どうするかにゃ…((汗」












やべぇ…迷ったwwここ何処だよww












続く!